気まぐれ日記などなど          (かなり不定期かも)


by rhythmax
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私の頭の中の消しゴム

この映画は、かなり気になっていました。

理由としては「Pure Soul」という日本のドラマのリメイクであり

その時の自分の感情を思い出していたり・・・

そして、tamagogoさんの「私の頭の中の消しゴム」を読んでから、いつ観に行こうか考えていた。

仕事終わってふと「今日観に行こうかな~ってか観たいなぁ・・・」と思ったので、そのまま映画館に向かった。

細かい内容は来週にでもアップするとして


今まで見てきた映画の中で、一番多く泣きました!

ただ単に目頭が熱くなっただけじゃなくて

涙が流れた場面が、数えると4箇所ありました。

そして、初めてだったことがあったり。

それは・・・

エンドロールが終わってから、すぐに席を立てなかった。

そうです、涙が止まってなかったので、明るくなってからも目を閉じて回りを気にしてた。


まぢで泣けます。

ぜひ観てください。
[PR]
by rhythmax | 2005-10-28 00:47 | 映画鑑賞(わ~ん)
久々に日記を・・・


今年の3月からはまっているアーケードゲーム三国志大戦が、ようやくバージョンアップしてくれた。

「三国志大戦~乱世の群狼~」

袁紹軍と西涼軍が新たに加わり、カードも82枚追加になった。

ということで、軍資金を下ろしてきて早速三国志をやりにゲーセンに。

さすがに人気が高い!全部埋まってたので整理券を貰って待つことに。

ようやく順番が来て、早速新バージョンを体験した。

今のメインデッキは、呉の天啓デッキ(孫堅・孫策・周泰・呂範・司馬徽)です。

いつも通り敵陣に入ってから「師の教え」→「天啓の幻」を発動!

このまま一気に落とすぞぉ~~~と思ってたら・・・

普通の天啓時間で終わってる・・・

ぐはっ・・・時間短縮されてるよ・・・

結局麻痺矢デッキ相手だったからなのかもしれないけど、1回司馬徽先生が攻城したところで撤退。

再起後、天啓を使ったけど、7?8?カウントで終わり、気づけばタイムオーバー。

1勝できたのが奇跡って思えるほど、天啓が弱くなってます。

2戦目は・・・やる気なくしてたから・・・落城されましたよ(ノД`)

カード排出を待っていると、カード無し表示が!

入れ替え1枚目Rゲットですよー   「魏延」だけどね;

その後、試行錯誤しながらデッキを考えてプレイ続けてた。

交代の時間になったので、最後に出てきたカードを開けてみると

( ̄ー ̄)ニヤリッ(_ー_)逆ニヤリ(    )クルッ!( ̄ー ̄)ニヤリッ

孔雀王(君主名)は「SR袁紹」をゲットしたーーー!


その後、しばらく友達のプレイを観察していると

友達「袁紹 使ってみたら~」

俺「んだねぃ、袁紹軍カード何枚か貸して~」

つーことで、SR袁紹+4枚(何のカードか忘れたw)を使ってCOM戦。

1戦目に袁紹の計略を2回使ってみたけど、COMの筍彧様に「ご苦労様です」と言われました(ノ∀`)

2戦目でようやく計略が使えたけど、はっきり言って使えないと感じた。

知力5だから効果時間少ないし武力も・・・

(( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ニヤニヤニヤニヤリ

でも、今日の運は尽きてなかった!


孔雀王(君主名)は「SR関羽」をゲットしたーーー!


正直2枚もSRゲットできるとは思ってもなかった。

う~ん、魏軍をメインにしろってことなのかな~♪

とりあえずカードあつめしないとね!

自慢の写真    ↓
b0008331_071665.jpg

[PR]
by rhythmax | 2005-10-17 00:08 | 気まぐれ日記

セブンソード

10月1日、いつも行く映画館は毎月1日1000円均一なので、とりあえず映画館に向かった。

そう、今見たい映画がいっぱいありすぎて、何を見ればいいのか車の中でも悩みながら・・・

上映時間を見てみると、ちょうど観たい映画が二つ重なっていた。

シン・シティ」と「セブンソード

と悩んだけど、1日に2回しか上映しない感じだったので、セブンソードにしました(笑)

この選択があとで後悔を生むことに・・・

物語としては・・・リンクから飛んでね(てへっ)



そう、客が最悪だったのよ。

2席となりの女性は、最初から最後までメールのやりとりしてるし・・・

それ以上に右隣の男性が最悪でした。

映画を観る姿勢って、席の背もたれに頭を乗せて、なるべく後ろの人の視界に入らないようにしますよね?

その男性は・・・とにかく動く動く。

右に左に前に後ろに、後ろの人の囁く声が何度聞こえたか。

んで、あくびはするし、しまいには寝てた(まぁ、酒臭かったもんね)

でも、一番気になったのが貧乏ゆすり。

普通貧乏ゆすりって、足をバタバタさせますよね?

その男性は、足だけじゃなく腰も上下に動かしてた。

つまりは、頭以外の全身を動かしてたのよ。


気になってしょうがなかったけど「映画を観にきてるんだから」と意識を集中させてからは、そいつの存在を忘れてました。


むぅ、映画の感想を書くべきなのに、人の行動を書くことになるとは・・・


えーっと、この映画は極力ワイヤーアクションを減らして、生身の武術にこだわった作品でして、7本の剣を持つ剣士の戦闘シーンがかっこよすぎます。

特に、ドニー・イェン!

「HERO」でもそうだったけど、かっこいいです!


この映画を観る方へ

7本の剣には、それぞれ意味があります。

その意味と、それを扱う剣士の生い立ちがわかると、よりいっそう楽しめます。

逆に解らないと、ただ単に武術映画を観るだけで、シナリオが解らないまま終わるはず。

ぜひここを読んでから観てください。
[PR]
by rhythmax | 2005-10-02 22:57 | 映画鑑賞(あ~さ)